切手収集に活用できるケースやファイルとは?

切手は集める事で魅力を知ることが出来ます

切手収集を行う人の数はブームが起きた時代と比較すると少なくなっていますが、印刷技術が向上した現代において、デザインが綺麗である、可愛いデザインが多く在るなどの理由からも、記念切手などが発行されると郵便局に出掛けて発行された切手を購入される人も増えています。 購入した切手は友達に手紙を出す時に利用される人もいれば、コレクションとして新しく発行された切手を1枚ずつ購入する人もいます。コレクションとして集める場合には、ストックブックを利用し、切手をポケットに挿入することでページを開いた時に、切手のデザインを見ることが出来るようになりますし、無造作に箱の中に入れておくのと違い、切手が折れてしまうと言う事が起こり難くなるなどのメリットが在ります。

ストックブックの中には台紙を利用するタイプも在ります

ストックブックは切手収集を行うためには必要不可欠なアイテムになりますが、ストックブックは切手を収めるためのページが在り、1つのページの中には数段のポケットが付いていて、ポケットに切手を挿入して並べていく事でページを開けた時に切手を見ることが出来るようになっています。 また、ストックブックの中には切手の種類、大きさ、シートや小型シートと言った切手のサイズに合わせて整理することが出来る台紙もあります。 台紙は、ファイルに入れることで1つのページを作り出し、複数の台紙をファイルに収めていけば、切手コレクション全てを収める事も出来ますし、切手シートなどの場合でも、専用の台紙を使えば容易に整理をすることが出来ると言うメリットも在ります。