すっきり綺麗に!切手を賢く保管する方法

切手収集にはストックブックがお勧めです

切手を集めて行くことで整理方法を考える事が切手収集をより楽しくしてくれる事に繋がります。無造作に箱の中に入れた切手を見たいと言った場合、集めた切手を1枚ずつしか見る事が出来ません。また、切手の四隅に在る目打ちは切手の価値の一つでもあり、素手で切手を触ることで目打ちが傷んでしまう事も在りますし、素手で掴めば指紋が付いてしまうなど、切手の価値を損ねてしまう事になります。 切手を整理する時に便利なのがストックブックです。ストックブックには切手を挿入する事が出来るポケットが付いているので、ポケットに切手を挿入しておけば、ページをめくる事で切手を眺める事が出来るようになります。尚、切手の出し入れを行う時には専用のピンセットを使う事で切手の状態を損ねる心配もなくなります。

台紙を追加する事が出来るストックブックも在ります

切手を集めている人の中にはバラ品だけを集めている人もいれば、切り離す前のシート状で集めている人もいます。また、これらを混在した形で収集されている人も多くいますが、ストックブックの中でも台紙を追加する事が出来るタイプを利用する事で、バラ品のページとシートを入れるページを使い分ける事が出来るようになります。 台紙は通常のストックブックと同じく切手を挿入するポケットが付いているもので、台紙の種類には1ページに2つのポケットが付いているタイプ、1ページにシートを入れる事が出来るタイプなどが用意されているため、数種類を用意しておけば、切手を整理する時に便利ですし、ストックブックの場合と違い、ページを増やすことが出来ると言うメリットが在りお勧めです。